Artist

アーティスト一覧

大柴 拓磨

Artist Gallery

Artist Profile

1・バレエダンサー。

2・ダンサー、アーティスト、クリエーターという、似て異なる立場を自由に渡り歩きつつ、国内外で培ったバレエダンサーとしての経験と独自の世界観・美意識を融合させた「無声演劇風ダンスコント」の自作自演家。

3・画家やミュージシャン、映像作家、造形作家、写真家、役者やバレエ、コンテンポラリー、ストリート、ブレイクダンサーなど、あらゆるジャンルのアーティストと共に舞台芸術を製作する【ART LIVE PROJECT】のプロデューサー。

[経歴]
8歳より母の主宰する大柴寛子バレエ教室にてバレエをはじめ、11歳より宮城昇に師事。
15歳で上京し、橘バレエ学校に入学。牧阿佐美、ゆうきみほ、草刈民代に師事。
バレエ学校在学中から牧阿佐美バレエ団の公演に出演。団内最年少でソリスト役を多数踊る。

1999年
文化庁国内研修員に選ばれる。
ローラン・プティの抜擢により「シャブリエ・ダンス」のソリスト役を踊る。

2000年
第57回東京新聞主催全国舞踊コンクール ジュニア部 第3位
牧阿佐美バレエ団退団。橘バレエ学校中退。

2001年
第4回日本バレエアカデミー主催全国バレエコンクール シニア部 第2位及び「プロフェッショナル賞」受賞。
第4回ウィーン国際バレエコンクール ファイナリスト
第14回こうべ全国洋舞コンクール 男性シニア部 第1位
渡米。ダイアナ・カルティエに師事。

2002年
第5回日本バレエアカデミー主催全国バレエコンクール コンテンポラリー部 第2位
世界バレエ・モダンダンス・コンクール クラシックバレエ部 ファイナリスト 審査員長のマイヤ・プリセツカヤに絶賛される。
第59回東京新聞主催全国舞踊コンクール パ・ド・ドゥ部 第3位

2003年
ニューヨーク国際バレエコンクール ファイナリスト 主催者から要請され、コンクール後のガラ・コンサートに出演。
渡仏。酒井達男、ミカエル・ドナールに師事。
日本人男性として初めてフランス国立パリ・オペラ座バレエ団と契約し「イワン雷帝」に出演。

2004〜2006年
シャルル・ジュド率いるフランス国立ボルドー・オペラ座バレエ団と契約。
「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「コッペリア」「ドン・キホーテ」「バレエ・リュス」「ピカソとダンス」など、多数の本公演、フランス国内外のツアーに参加。
特に「眠れる森の美女」では、公演前日にソリスト役に指名され、全日程をこなすなど、様々な種類の役柄を演じる。

2006年より帰国し、画家、ミュージシャン、俳優、他ジャンルのダンサーたちと共に、実験的アーティスト集団【Alphact アルファクト】を立ち上げ、プロデューサー、ダンサー、アクター、振付家、演出家、舞台芸術家としての活動を開始。約2年間で京都、東京、大阪の3都市にて5つの公演を興行する。

また近年は、

・TEPCO1万人コンサート・なかにし礼 作・演出の「世界劇 黄金の刻」(武道館)
・新上裕也・西島千博による演出・振付「ダンスシンフォニー」(銀河劇場)
・西島千博・湖月わたる主演の「Gille(ジル)」(銀河劇場)
・ロレアル・ヘアーショー「Color Trophy」
・オールジャンルダンスコンテスト「DANCE COMPLEX 2008」の特別審査員&ゲストショウケース(大阪市立芸術創造館)
・サンスターOra2のテレビCM
・ユニクロwebコンテンツ"DRY IN MOTION"

など、他ジャンルの舞台出演をはじめ、マルチな活動を展開している。

契約プロダクション
「株式会社 バウンドプロモーション」
http://www.boundpro.com

[大柴拓磨プロデュース公演「ART LIVE PROJECT」]

Act1「ART LIVE in KYOTO!!」
開催日:2006/8/19
会場 :京都市呉竹文化センター

Act2「机上の人々」
開催日:2007/8/24
会場 :吉祥寺シアター

Act3「ARTRACTION -アートラクション-」
BLACK CHAMBER 共催公演
開催日:2008/1/25〜27(5回公演)
会場 :BLACK CHAMBER

Act4「Exspot -エキスポット-」
BLACK CHAMBER 共催公演
開催日:2008/7/4〜7(6回公演)
会場 :BLACK CHAMBER

Act5「机上の人々 -2008 Edition-」
ART COMPLEX 1928 共催公演
開催日:2008/9/20〜23(6回公演)
会場 :ART COMPLEX 1928